活性は良いみたいですが・・?

朝イチは思い当たる事があり某Pで疑似餌を投入もアタリ無し。
無駄な時間を費やした後、ホームゲレンデで巻き巻き開始。
頻繁にアタリが有りますが、なかなか乗りません。
載せても直ぐに外れてしまいます。
何故?
苦戦しながらも、取り敢えず40㎝をキープ。
続いて、再びサイズアップした真鯛のアタリ、遣り取りをしていると道糸が35m程のところで高切れ
時合い中なのにと焦りながら、ラインシステムを作り替えて、再開。
再開後もアタリがありますが・・・
それからは何故か、外道(ホウボウ、キジハタ、小鯛)が続きます。
08:00頃から、アタリも少なくなったので09:00に終了。
帰港途中にフォレストさんに挨拶、目の前で鬼を釣り上げていらっしゃりました(^_^)

今日は、ヘッド、ラバーカラー等を替えながらトライしましたが、アタリの頻度はどれも変わりません。
巻き上げスピードであたりの頻度が変わったような?
下手糞は理解していますが、これだけアタリがあって掛ける確率が低かった事は初めてです。
何かが噛み合っていなかったのか?
4本フックの情報を知りましたので、次回は4本フックかな(笑)

20170819-1.jpg

不覚

全米オープンの松山の1ホールだけ見た後(短めのバーディーパットを外してしまいました)、家を出ました。
悪い予感はしていましたが案の定、優勝は逃してしまいました、次回期待しています。
道路は水溜りがあり、結構激しい雨がっていたのかな?
マリーナを出るまでは順調でしたが、予想以上に風と不規則な波があり10ノット程度までしか出せません。
この時点で、近場で巻き巻きする事に決定。
Pへゆっくり移動中激しい雨が、こんな筈ではなかったのに・・・
雨の中、巻き巻きしている強者もいらっしゃりますが、軟弱者は雨具がないので、雨が止むまで待っていました。
雨宿り中にスマホをいじっていた為か気持ちが悪くなりました(-_-;
約30分して雨が上がり、気持ち悪い中、遅れて巻き巻き。
表層は小魚の反応があり良い感じですが、集中力が無いせいかアタリがありません。
結局、本命釣れず、我慢ができなくなり8時前に帰港。
不覚にも久し振りに船酔いでした(-_-;

午後から本屋でBoat Clubを購入、ドンブラコさんが
ご活躍されているご様子。

20170814-1.jpg






う~ 下手糞

今日は近場、で巻き巻きから。
直ぐにヒット、間違えなく60UPの真鯛の引きです。
ラインも巻き上げては出ていきます。
暫く、遣り取りを楽しんで、残り20m位でフックアウト
その後、4度アタリがありキャッチできたのは、小鯛とキジハタだけ。

アタリが遠のいたので、甘鯛狙い。
本命は釣れるみたいですが、チダイ、イネゴチ、小鯖、正体不明等、餌取との闘い。
一番良いアタリ(真鯛?)は針が延ばされフックアウト

暑さもあり楽しくなくなり、帰港ついでにフラットフィッシュ狙い。
一投目から強烈にヒット、期待していなかったので不意を突かれましたが良い引きです。
正体は80UPのシーバスでしたが、5月でもやったしまった通り、今回も保入れシュッパイでリリース。
気を取り直した二頭目も強烈にヒット、同サイズのシーバス?でしたがラインブレーク?
なんとスナップが折れていました
初めての経験です。
興奮した為、帰港する予定も忘れ、ついつい粘りましたがフィーバーは2投で終わったみたい?
何とかマゴチはキャッチできましたが、う~ん。
もしかしたら、一つしかなかったカラーがヒットカラ―だったのか?

今日は、バラシまくり、消化不良。
本当に下手糞です。

20170722-1.jpg
20170722-2.jpg

迷った挙句

8週間振りに浮かびました。
何を釣ろうか迷いました。
海況も良く、久し振りだったので海の風を切りたく遠征してしまいました。
結局、はずしました。


20170715-1.jpg
何とかおかずだけ。

蛍烏賊パターン?

例年、4月は蛍烏賊が接岸した際、シーバスの活性が上がります。
今年は、ホタルイカの接岸がイマイチとの情報ですが、5月下旬になりましたがシーバスの活性が高いみたいです。
ただ、例年のPではないですが・・・?

20170520-1.jpg
本日も日の出を見ながら出航、Pには先客が2艇。
一投目は、ガンド?の小さいののキャッチ。
二投目は、シーバスをキャッチ。
三投目は、ヒットするのバラシ。
四投目は、シーバス(今日イチ、軽く90オーバー)ヒットもタモ入れ中にフックがネットに絡み、慌てている内にリリース。
五投目は、ヒットするもバラシ、フックが伸びたので交換
六投目は、シーバスをキャッチ
七投目は、アタリがあるもヒットせず。
八~十数投は、アタリ無し、・・・・ The end. 05:30でした。

その後、07:30迄、タイラバで真鯛を狙うも外道だけ。

小さなクーラーは満杯となっているので、P開拓のつもりででフラットフィッシュ狙い。
2時間、カスリもせず終了し、帰港。

本日、釣り上げたシーバスのお腹の中には蛍烏賊だけでなく小魚も一杯でした。

20170520-2.jpg