スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サンゴのホワイトボックス

今日は、チビの学習発表会見学の為、出撃する予定はありませんでしたが、風も強かったので皆さま方は如何だったのでしょうか?
とのことで釣果の話ではありませんが、金曜日の研究会で最後に余談の話題として話された内容が自分やマスコミ?の思い込みである?事を知りました。

既にご承知の方もいらっしゃると思いますが、サンゴの死は地球温暖化だけが原因でなく人間の排泄物が影響であるとの論文が発表されていたみたいです。
サンゴの白痘(ホワイトボックス)による死滅は、セラチア菌の感染が原因でした
本来は、サンゴの海に存在しないセラチア菌は、通常、人間の腸内だけに存在していました。
つまり、人間の排泄物に紛れたセラチア菌が海に流れ、サンゴを死に到らしめているとの事です。
下水処理が不十分な南の楽園にたくさんの観光客が押し寄せた結果、サンゴが白痘に掛かり死滅するとの事です。
白痘は、温暖化の原因だと思い込ませていた報道は何だったんだと思ってしまいます。
何れにしても人間と自然の共栄共存は不可能なのでしょうか?
難しい事は抜きにして、自分の今の望みは魚や烏賊がわんさか富山湾に来てちょうだいです
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。