スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

串揚げ

先週末は、台風の影響で皆さま方も出撃出来ない状況でしたが、自分は台風と関係なく予定通りでした。
ここ数週間、時間が拘束され続け富山湾には浮かべない日々が続いており、精神的にお疲れモードです。
一つのプロジェクトは火曜日に一段落しましたが・・・・もう暫く続きそうです。

今日は、その合間に東京で中国人のお客さんと会食。
外国人にしては自分の意見を押しつけず、日本人的な感性をもった経営者です。
中国人の経営者は、野心家で欲が顔に表れている方々が多いですが7年程お付き合いしているこの方は紳士ですので、会食しても気持ちが良いです。
通常、政治的な話はタブーですが、自由に意見を言えるお付き合いをさせて頂いております。

会食場所は、コレド室町の「串亭」。
20110908串亭ー1
店名のとおり、串揚げのお店です。
コレド室町は初めてですが、三越前付近は徐々にお洒落な街に変わっていきます。
マンダリンの高層ホテル、三越、コレド室町もあれば、各種老舗ののれんも立ち並んでいます。
後はうまく融合してくれればよいのですが・・・・・(一部だけ石畳)。

すみません。
料理の写真はなく、お酒だけ。

麒麟山「生辛」
20110908串亭ー2
長野のお酒「幻舞」。
20110908串亭ー3
串揚げはビールとのイメージですが、日本酒も良いですね。
スズのグラスで美味しく頂きました。

スポンサーサイト
コメント

No title

見た事のないお酒ですね。
色々なお酒知っているんですね。
私は、いつも安い焼酎で我慢しています。
中国人は野心家が多いんですね。
私も一回だけ中国旅行に行った事ありますが、
マナーは悪いし、運転は荒いし、声はでかいし
あの時は、改めて日本の良さを痛感しました。

No title

ヨッシーさん
中国のドライバー、譲り合いの気持ちは全くありません。
譲った方が、悪い的な発想です。
ビジネスでも同様で、騙すより、騙される方が悪い世界です。
支配するか、支配されるかで生き残ってきた大陸民族だから、致し方ないですね。
だから、日本人的発想は不思議にとらわれます。
因みに震災後日本中で「自粛」となりましたが、「自粛」の意味が理解されませんので、当然英語訳がありませんでした。
今では、英語では「Jishuku」になっています。
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。