スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

純日本風で

お盆明け(17日)から、仕事と自治会関係で休みも取れずバタバタが続いている中、東京に滞在中です。
今日は、韓国のお客様と会食。
純日本風を演出している? 銀座の『方舟』に。
20110825方舟-3
囲炉裏で、岩魚&能登鳥。
20110825方舟-2
20110825方舟-1
前菜は、ゴリの佃煮、へしこ、ホタルイカの沖漬け、北陸の食材です。
20110825方舟-4
食前酒は、福井一本義の「宴日和」、最近女性に人気のスパークリング日本酒です。
初めて味わいましたが、女性の気持ちが判ります。
20110825方舟-5
富山のお酒もありましたので、紹介ついでに「幻の滝 奥秘峡」を。
20110825方舟-6
ほろ酔い気分になり写真は撮れなくなりましたが、富山のお酒を更に知って頂く為に富美菊「羽根屋」と「三笑楽」を呑んで頂く。
驚くほど、北陸のお酒が充実しています。
福井黒龍の『仁左衛門』も置いてありましたが・・・・、庶民には手が出せません。
美味しいお酒をたくさん頂き、酔っ払っています。





スポンサーサイト
コメント

No title

お仕事ご苦労様でした。
ちなみに、中国語や韓国語はしゃべれるんですか?
岩魚美味しそうですね~。
岩魚もこうやって串に刺して食べる焼き方あるんですね。 鮎かと思いました。
お酒も美味しそう~。

No title

ヨッシーさん
炭火でじっくり焼き上げると骨まで軟らかくなり、美味しく頂けます。
庄川の鮎(小型)、覚えていますか?個人的には大好きです。
基本的に語学堪能者が同席します。
中国語は一時、習っていましたが、ビジネスは勿論無理で、夜の席で片言を聞いてもらうだけです。韓国では日本語と英語で済ませる事が可能ですので。
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。