スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ロッド修理

今日は、先週の酷暑と違い釣り日和でしたが、溜まっていた用事を順次こなす休日になりました。

用事もひと段落しましたので、いつの間にか竿先が折れていたライトジギングロッドの修理をする事に。
トップガイドに差し込んでいる折れたロッドブランクを燃やしても綺麗に取り出せていなかった為、事前にトップガイドは購入済みでした。
竿先

学生時代は小遣いも少な買った為、必要なロッドはブランクを購入して自らメイキングしていました。
その小道具を久し振りに取りだしますがエポキシは使い物ならず、シアノアセテート系の瞬間接着剤で代用。
乾燥に時間が掛かりませんので、乾燥モーターは使用せず、楽ちんですね。
事実上の手抜きです(笑)。
スレッド(糸)は、2色しか持っていませんでしたので、緑色をチョイス、色彩バランスがありませんが良しとします。
20110724ロッド修理-120110724ロッド修理-3
20110724ロッド修理-2
20110724ロッド修理-4
取り敢えず完成です。
トップガイドと2個目のガイドの間隔が短いです・・・。
ジギングでは繊細なバランスも必要ない事として、充分に使えるようになりました。




スポンサーサイト

テーマ : 釣り・フィッシング - ジャンル : スポーツ

コメント

No title

まだ、そんな道具を持っていたのですね。。。
しかし、何でも持ってはりますなぁ。

No title

Canadaさん
20年振りに使用しましたが、モーターは動いてくれました。
貧乏性ですので、釣具は捨てる事が出来ません。
覚えていますか?バークレイのフライリール。
今はボロボロになり使い物になりませんが、保管しています。

No title

>覚えていますか?バークレイのフライリール。

覚えてますよ!
わたくしも高校の時に初めて買ったフライリールですから、、、、探せば何所かにあると思います。

大学時代は、バークレーとUFMのカンタータを使っていました。
ロッドもあります。。。懐かしいですね。

No title

Canadaさん
自分もUFMのロッドでしたが、グリップエンドが割れ、リールを支えるリンクがすっぽ抜ける状態ですが、何とか使用出来ます。
富山に戻ってからは、一度もフライを振っていませんが。
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。