蛍烏賊の接岸の恩恵

毎年、蛍烏賊の接岸時だけ?にシーバスが集まるPが有ります。
今年は、蛍烏賊が不漁との話もありシーバスが寄っているのかの情報もありませんでしたが、朝イチから調査!!
20160326-1.jpg
Pに着いた時には、すでに太陽が昇っています。
日の出の時間が速くなり、これからの釣行は寝不足になります。

先ずは蛍烏賊の形をしたルアーから、3投目でアタリがあるも掛からず、その後暫らくアタリがなく、ジグにチェンジ。
1投目で掛かってくれました。
蛍烏賊の接岸の恩恵です。
シーバスが寄っていることを確認でき一安心。
その後、ジグ、ミノー、蛍烏賊ルアーをローテーションしながら、5回ヒットし3匹ゲットできました。
8時前にはアタリもなくなり、アカムツ狙いでP移動。

珍しく、アカムツPには誰もいません。
誰もいない筈です?1時間ほどトライしましたが本命はダメ。
別のPへ移動。
ぶんぶん丸さんが本命をゲットされていました。
そのPで1時間程、トライするも本命釣れず、帰航。

本日は、爽やかな天気、釣り日和でした(^_^)
20160326-2.jpg


シーバスのお腹は、蛍烏賊で一杯、体も丸々太っていました。
港内に居るシーバスとは違います。
20160326-3.jpg
写真は、内臓を処分した後ですので(^_^;
スポンサーサイト
コメント

立派なシーバスですね。
どうやって食べましたかー?
それにしても沖でシーバスが釣れるとは驚きです‼️

Re: タイトルなし

ちゃぷ丸さん
シーバスは、大きいの一匹だけ確保して残りは知人に差し上げました。
一匹で、当日にお刺身、アクアパッツァ、切り身の残りは味噌漬けにしました。
蛍烏賊季節限定のPです。
ここではコメントできませんが、海上でお会いした時にお話しできます(^_^)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する