リベンジのつもりが・・・

昨日の消化不良もあり、今日はジギング一本で粘るつもりでした。
フクラギをキープする事はどうでもよく、イメージとおりのジギングでフクラギを釣りたいだけです。
朝一から、いつものポイントへ6:00前には到着です。
今日も誰もいませんが、海鳥もいません。
海鳥は、60~80mラインの定置網に腰掛けています。
その内、回遊してくると信じて待ち続けます。
7:30の地合いになっても静かです。
8:00前、我慢が足りず、舞子付近まで偵察に・・・。
何処も海鳥は騒いでいません。
8:30頃に再び戻ると、水面がイワシが跳ねています。
数は少ないけど海鳥も飛んでいます。
直ぐにヒット!!
簡単に水面に上がってきたが、水面近くで激しくグルグル動き回っているソーダーガツオかな?
抜きあげると、良型のサバでした。
釣り上げた頃には、水面は静かに
サバが居るのならと別の竿にサビキをセット、サビキにはアジ用のソフトルアーをチョン掛け。
20120502-2.jpg
水面が騒がしくなるまで、サビキで遊ぶ事に。
直ぐにヒット!!
水深20mのソフトルアーで六文銭です。
嬉しい外道です。
続いて、チビカサゴ。
卵が出てきました。
20120502-1.jpg
そうこうしていると、再び水面が騒がしく、ジグをキャストするとまたまたサバがヒット!!
サバが、イワシを追いかけているの?
これが最後で、お祭りはありませんでした。
結果的にフクラギのリベンジは撃沈でした。
20120502-3.jpg


マリーナで、船と道具を水洗いした後、係留桟橋で30cmオーバーのカマスが回遊している事も無く、じっとしていました。
その数は、数百を超えます。
桟橋の両側(底はつながっています)、30mは規則正しく列になっています。
ビックリです。
20120502-4.jpg
20120502-5.jpg
自分は道具も片付けたので、他人の行動を話しながら見ていました。
当然、タモを持ってすくい上げようと試みた方もいます。
また、サビキで誘うとした方もいます。
皆さん撃沈です。
魚の食いけはありませんが、逃げようともしません。
不思議な光景でした。
投網を持ってこようと言う方もいますが、如何したのでしょうか?



フクラギは暫らくいらないとの事でしたので、食卓では結果的に良かったです。
久し振りに料理の写真を。

六文銭のお刺身(左側には縁側)、ヒラメ以上かも最高です。
20120502-6.jpg
〆鯖、自分は翌日の方が好みですが、鮮度と血抜きの効果でお店では味わえない旨味で家族には好評です。
残り3/4ありますが、明日1/4は実家へ差し入れ予定。
20120502-7.jpg
鯖カマとカサゴをコンソメとカレー粉で軽く炊きました。
いつもと違い中々イケました。
スポンサーサイト
コメント

回遊?

フクラギの行動は謎ですね。
やはり回遊?してるのでしょうか?

多彩なゲストが羨ましいです
私は疑似餌だと釣れない気がして根気が続きません(笑

Re: 回遊?

航陽丸さん
疑似餌での釣りは、気持ちも大切です。
エギングでもそうですが、信じないと掛かってくれません。
アジ用ソフトルアーですが、Boat Clubに掲載されていたエビングがヒントです。
ジグと一緒には使用していませんが、今回初めてサビキに付けてみました。
六文銭が釣れた事は驚きです。
宗八にも効果はあるかと思いますので、ホタルイカの代わりに如何でしょうか。
いつも御一緒のお父様にも受け入れやすいと思います。

No title

今日もシャクってきましたが、1匹しか獲れませんでした。
居るには居るみたいなので、知識と技術が足りないみたいです。
全然居なくなる前にもうちょっと楽しみたいのですが、このまま下降線でしょうか?

Re: No title

はなくろさん
確かに回遊しているのは間違いないと思います。
ベイトが豊富ですので、ジグをいかにベイトのイワシに近づけるかが勝負かと思います。
魚探では、定置網に沿って駈け上がりになっていていますが、横の沖側60m付近でベイトらしき反応が出ていました。
多分、フクラギはここから浅瀬に追い込んで捕食しているのだと思います。
結果的には、ベイトのイワシを釣って泳がせ釣りをすると一発かもしれません。
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する