海の底は高活性?

私の腕では、近場のアオリは期待薄みたいですので、本日は鯛ラバ⇒天秤で甘鯛。
久し振りに寝坊、既に明るくなったマリーナを出航。
鯛ラバの可能性のある時合は、1時間弱、あまり期待せず巻き巻き開始。
まずは、1流し目でキジハタをゲット。
その後もアタリが、2度続くが乗らず。
ラバーとフックを確認するとフックが1個折れている。
キジハタを釣った時、ペンチで力ずくでひっこにゅいたとき折れたみたいです。
フックを取り換え、約20分後、掛かってくれました。
近場では、合格点だと考えているの50オーバー
取り敢えずこれで満足(^^)
20160924-1.jpg

周りは、定期的にナブラが発生しています。
甘鯛の前にナブラの中へジグをキャスト。
直ぐにメジとフクラギがヒット。
メジは3年ぶり?
このサイズでは面白くありませんので、2匹で終了。
もう少し大きくなってから。
20160924-2.jpg

天秤は、中層~深層の小鯵(10cm)に餌を取られず底につけば、外道も含めほぼ入れ食いでいろいろな魚が掛かってくれます。
忙しい釣りとなりましたが、定期的に良型の甘鯛も混じりますので期待を込めて上げ下げを繰り返しました。
餌も無くなった10:30に終了後、貰ってくれる方も確認&確保して、沖で魚の処理、頭と内臓をカモメに与え帰港。

今日の海底は高活性だったみたいです。
満足!!
20160924-3.jpg






スポンサーサイト

何故か? 水深260m付近で遭遇

通常、週の中日の祝日は仕事ですが、今回はお休みで3連休です。
本日も出航しようと準備していましたが、昨日の夕方、海況を見直すと・・・
あれ、金曜日に確認した予報と違う。
結局、昨日(土曜日)だけの釣りとなりました。

昨日は、近場で鯛ラバからスタート。
大きなアタリは3回ありましたが真鯛は掛からず。
結局、引きが寂しいキジハタ1匹だけでした。

7時頃からアオリを狙うつもりでしたが、朝イチから無風状態です。
2週間前の事もあるので、釣れる気がしなく悩みました。
取り敢えず、魚影が濃いような気がする北北西に進路を取りました。
某P、エギンガーの船が十数艇、様子を見ましたが釣れていないような?
無風の為、船が殆ど動かないので、底が取りやすい状況から深場のスロジギで真鱈を狙おうと水深260m付近のPへ大移動。
何故?、ぶんぶん丸さんとドンブラコさんがいらっしゃりました。
こんな遠くて深場のPで遭遇するとは思ってもいませんでした。
考える事は一緒なのか?
結局、カスリもせず、通常リールで300m弱の巻き上げを数回繰り返し、良い運動になっただけでした。

折角、北北西に来たのだから、一気に15m浅場へ移動。
90分程、アオリイカを試し、11杯。
釣れたのはピンポイントでした。
偶然、見つかっただけ?
なんだか面白くありません。

20160917-1.jpg




ゲストと富山湾クルージング(^_^;

ちこちでアオリの開幕&好釣果(入食い)の話を聞き、豊橋の同級生さんにも情報を伝えていたところ、一緒に開幕を迎えようとの事になり、昨日(土曜日)富山湾に浮かびました。
釣行前日、既に開幕戦を終えているはなくろさんに情報を確認、定番のSポイントで釣れているとの事、但し定番Pですのでアオリ銀座で落ち着いて釣れないのではとの事。
同僚は陸っぱりでも簡単に釣れているとの情報から、何処でもいると勘違い?、ホーム近くのいつものAポイントから
20160903 (3)

風も潮も無く、ティツプランにはなりませんが簡単に釣れると思っていましたが・・・
1時間沈黙・・・
我慢できなく、はなくろさんにTEL、はなくろさんは鯛ラバをしているとの事ですが、近くのPでアオリをしている知人がは爆釣中、風も吹いており良い感じに船が流れているとの事です。
そのPは、かなり遠いですが折角遠方よりゲストが来ているからと実績Pをランガンしながら移動する事に。
移動の途中、アオリ銀座のSポイントに近づいたところ、Sポイントから手前のDSポイントへ移動する2艇、あれ釣れていないから移動?
Sポイントには4艇浮かんでいましたが、8時頃としては信じられないほど少ないです。
ここも無風で船が流されません。
10分ほど沈黙後、大移動、25分位のクルージング。
8:40頃、到着、はなくろさんにTEL確認すると鯛ラバからアオリに変更済みだが、良い返事ではありません。
良い感じに風が吹いているとの事でしたが、ここも無風。
ただ、ついて直ぐに3杯掛かってくれましたが直ぐに沈黙。
ゲストの1人も何とか掛けてくれましたが、もう一人は・・・
こんな所まで来たのに・・・
20160903 (4)

はなくろ艇を見つけご挨拶、ゲストのタップさんはビッグな真鯛をゲットされていました。
アオリは苦戦中?

ご挨拶後もこの周辺をランガン・・・
ただ、この周辺だとアオリは何処でもエギに寄って来るのが観察できる。
数も驚ほど多いのだが・・・
エギとは一定の距離を置き・・・
我々の腕がなく・・・
無風の為、暑さとも闘いながら・・・
何とかし数杯追加して終了。

ゲスト様には富山湾のクルージングを楽しんで頂きましたm(__)m

初物のお刺身、小さいアオリは美味しかったです(^^)
20160903 (1)