スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

久し振りの餌釣り

ここ数か月、鯛ラバに取り憑かられていましたが、今日からエギング、餌釣り、その他、今まで通りいろいろと楽しむ事にしました。
朝一の鯛ラバ後、アオリ、甘鯛のリレー釣り予定です。

明るくなったと同時に出航、ウネリありますがピッチが長いので気持ち悪くはなりません(^_^;)
ただ、ウネリに合わせての鯛ラバの一定巻き巻き速度に自信がないです。
案の定、アタリがなく予定リミットの7時になって止めようと考えて時、待望のヒット、そんなに大きくはありませんがラインも出て楽しい引きを楽しんでいたら、突然、プッツンラインブレークです。
何故?、リーダーは殆ど残っていますのでチモト付近?で切れたみたいです。
結び方?、痛恨のミスで今シーズン初めて鯛ラバをロスしました。
結局、2時間(07:30頃)、巻き巻きしていました。

そして、鯛ラバPから岸に向かったところがアオリPですので直ぐにティップラン開始です。
開始と同時にそれまでアオリ釣りをしていたスモールボートが2隻一緒に帰っていきました。
定番Pには私だけです。
あれ、釣れていないの?と思いながらもストレスがかかる前にポツポツと小さいアオリが掛かってくれます。
取り敢えず5杯釣ったら甘鯛へ移動と考えていましたが、結局1時間程で計6杯でした。
今年も定番Pにアオリが居ることは確認できましたので良しとします。

08:45頃から、久し振りの天秤仕掛けの甘鯛です。
アオリPの近くから攻めましたが、正体不明の餌取りで嫌になり、東へ移動、此方も正体不明の餌取りも居ますが、いろいろな魚が掛かってくれました。
甘鯛、赤ちゃん真鯛、キダイ、マゴチ、カナガシラ、ベラ
結構忙しい釣りになったのと予想以上に暑くなり11:00頃には疲れ切って帰航となりました。

20140927-1.jpg




スポンサーサイト

釣れない事は分かっていても

勤め先は、基本的に平日の旗日(祝日)は出勤です。
先週の連休も今週の飛び石連休もありません
ただ、今年初めて?、2日続けて海に浮かびました。
2日間とも近場での鯛ラバです。
はなくろさんの船に乗せてもらったのと先週は釣りをしていないので、3週間ぶりのホームです。
5釣行続けて、真鯛は釣れているので今回も何とかなると甘い考えと自信がありましたが・・・



土曜日

ボートの周りは、ツバイソ~フクラギがうじゃうじゃに泳いでいます。
海鳥も騒がしいです。
ツバイソは入れ食いかと思いジグを投げるも10投程投げてようやく一匹、それも35cm程度、私の触手が伸びずリリース。
周り中がナブラの中、鯛ラバで巻き巻き、Pを変えながら巻き巻き、途中、ぶんぶん丸船長さんとお話しした後も巻き巻き・・・
海の中は私だけが沈黙していた・・・?
結果:ホウボウ×2匹、ツバイソ(35cm程度)×1匹
20140920-1.jpg
アマダイ狙いで価格ホウボウは小さいのばかりだったので味的にもあまり興味がありませんでした。
でも鯛ラバで掛かるホウボウは大きく、美味しい事を知ってしまいました
嬉しい外道だと思っています。



日曜日

朝の弱い私でも海の上で日の出を見ることができる季節です。
今日は雲一つなく、お月様も綺麗でした。
20140921-1.jpg
20140921-2.jpg

今日は短時間で集中、8時に帰航と決めていました。
釣れる気はしませんが、鯛ラバ釣りで最終確認したいこともあり、気持ち的にスッキリさせたいと考えていました。

土曜日は殆ど真鯛のアタリがありませんでしたが、何故か今日は真鯛らしいアタリが数回あります。
ただ、結果は3回掛け、キャッチはチビ1匹だけと貧果でした
20140921-3.jpg

来週からは、アオリと餌釣り(久し振り)に専念するつもりです。

鯛ラバの聖地?

今日は、はなくろ艇に乗せて頂きました。
目的は西の鯛ラバパラダイスのポイントに連れてって貰う事です。
ウキウキワクワク、新港沖のテクニックが通用すのでしょうか?
20140906-4.jpg


結果は撃沈

同じ水深でも新港沖は、基本的にPE1.5号、60g(Pb素材)でも簡単に底が取れストレスなく釣りが出来ましたが・・・
パラダイスPで、PE1.0号、60g(Pb素材)からスタートしましたがそこが取れません。
風は微風で殆ど船が流れませんが、潮が速すぎです。
持参した鯛ラバはすべてPb素材で50g、60g、75gが各2個程、100gが1個でした。
虎の子の100gに変更して、何とか底が取れますが、2度(30m)巻き巻きすると、一度すべて巻き上げないと釣りにならない状況です。
はなくろさんは・・・、流石に熟知してPE0.8号、90g(W素材)でしっかり底と取っています。
そしてしっかりと真鯛を乗せ、遣り取りを楽しんでいます。
20140906-1.jpg

高価でもW素材のヘッドが必要であることを実感しました。

このパラダイスPには、大勢の鯛ラバ艇が集合し、皆さん巻き巻きしています。
新港沖では見られない風景です。
鯛ラバの聖地なのでしょうか?
何れにしても今までのタックルでは通用しないことが分かったことは大収穫でした
はなくろさん、ありがとうございます。

地合いが過ぎた後、少しだけアオリの偵察に4杯だけかけましたが、赤ちゃんに釣りは達成感もなく、物足りませんでした。
アオリは、もう暫らく待つ事にします。
20140906-5.jpg

今日の釣果
20140906-6.jpg

せっかくここまで来ましたので、帰りに国分港のところてん奥でところてんを購入。
ここのところてんは、雨晴産の天草を使用しており、スーパーのところてんとは味&歯ごたえが違います。
手作りしている奥さん(おじいちゃん)がキュートでであることも足を運ぶ一つです(^_^)
20140906-7.jpg

そうそう、今日も豪華客船が国分港に入港していました。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。