夏休み

チビの夏休みが始まってしまいました。
子供にとっては楽しいでしょうが、猛暑の中、色々な行事や家族サービスが待っています。


早速、昨日(28日)は町内の納涼祭、子供とお酒が大好きなの大人達の為にある催しです。
ゲームは、的当て、ビンゴ、スイカ割り、花火、etc
食べ物は、焼き鳥、焼きそば、焼肉、フランクフルト、あんばやし、枝豆、etc
暑いので、発泡酒(低予算ですのでビールは買えません(笑))や酎ハイが進みます。
20120728-6.jpg
20120728-7.jpg
20120728-8.jpg
世話役をやらされているので、事前段取り含め時間が拘束された一日でした。



今日(29日)は、納涼祭の後片付け後、恒例の海水浴へ千里浜に行きました。
チビの夏休みスケジュールを確認すると今日しか行く事が出来ないのではと思いノル気でないチビを連れて行きました。
相変わらず、砂浜には隙間なく車の列が、思い思いのスタイルで海水浴を楽しんでいます。
20120729-7.jpg
20120729-5.jpg
20120729-6.jpg
今、足が真赤に・・・ヒ~ヒ~・・・辛いです。
4~5日すると脱皮するでしょう。

夏休みがスタートしましたが、チビの方が過密スケジュールですね。
チビに付き合う必要が無い日もありますので、その時はしっかり釣りに行く予定です。





スポンサーサイト

キスの泳がせ釣り

今日(7/21)は、近所のTさんとアジの泳がせ釣りの予定でしたが、03:30前に起きると豪雨と雷で釣りが出来る状況ではありません。
中止の連絡後そのまま二度寝、8時前に起きると小雨程度に海の上で食べる予定だった菓子パンを食べ終え、改めて近所のTさんへ連絡し出港する事に。
09:30にマリーナへ、今日はマリーナのキス釣り大会でしたが、流石に出港数は少なく、マリーナスタッフの方々からは、賞品ゲットの確率が高いので取り敢えず11:00前に戻って検量して欲しいとお願いされた。
1時間程度で戻るのも・・・1匹のサイズでの戦いですので10:30頃までに25cmクラスでも掛かってくれたら戻ろうかなと話しながら出港。
アジの泳がせは諦め、餌のキスを釣りながらキスの泳がせでマゴチ&ヒラメを狙う事に。
キスはコンスタントに掛かってくれますが、合わせが遅いせいか唇に掛かってくれません。
5匹程釣り上げて漸く生餌のキスを確保。
近所のTさんは既に泳がせ釣りを開始しています。
本命の泳がせ釣りをしながら、生餌釣りも続けポツポツと生餌が溜まって行きます。
残念ながら最大で21cm程度のキスしか釣れませんでしたので、キス釣り大会はパス。
40~50分後、待望のアタリが近所のTさんに。
アタリがありますが、なかなかロッドに乗ってくれません。
じれったい時間が続いたところで、ロッドが水面に!!
60cmのマゴチです。
20120721-01.jpg
続いて、またロッドが曲がっています。
20120721-02.jpg
フクラギです。
20120721-03.jpg

自分は、もうキスの生餌釣りはさて置き、泳がせ釣りに集中へ。
その甲斐あってか、フクラギ2匹とキジハタをゲット。
その後、仕掛けをロスしたところで帰港する事に。
20120721-05.jpg

本日の釣果
20120721-06.jpg

近所のTさんの釣果
20120721-07.jpg

自分には本命のマゴチは釣れませんでしたが、ゲストが釣ってくれましたので良しと致します。
日中の釣りで雨にもたたられましたがしたが、暑さとの戦いも無く過ごしやすい梅雨明けの釣行でした。

フクラギとキスのお刺身(ザツ盛りで)
20120721-11.jpg
キスの一夜干し
20120721-09.jpg
フクラギの塩麹漬け(最近我家の定番です)
20120721-08.jpg
キジハタの煮付け
20120721-10.jpg
お供は、麦焼酎(蔵魂)
20120721-12.jpg




釣果は餌だけ

天気予報では、波1m、風邪微風、一日曇りで傘マーク無しです。
雨の心配無しで、チビと一緒に久し振りの釣行の予定でしたが、03:30頃に起きると土砂降りです。
この雨じゃチビを起こすのも悪いかな・・・ベットの上で様子を見る事に。
04:15頃になると雨も止みましたので、チビを起こし出発です。
マリーナに着くとまた土砂降りに・・・・。
暫らく、車の中で待機です。
05:30頃、小雨になったので行動開始。
今日は、朝一は泳がせ釣りでカサゴとキジハタ狙いで、その後、お土産のキス釣りの予定です。
早速、小アジ釣りから一投目からアジが掛かりました。
それと同時にチビにロッドを取られ、アジ釣りはチビの仕事に。
30分ほどで25匹程度を確保。
ただ、サイズが大きい、17~19cmです。
一か月前より、5cm程度大きいです。
このサイズのアジを丸飲みしてくれるかな?と不安が。
今回は自作の泳がせ仕掛けですが、親針と孫針は固定です。
残念ながら孫針が短すぎで肛門まで届きません。

雨は降り続いている中、第1Pへ。
アジが何かに怯えている動きはありますが、かすりもしない状況が続きます。
漁礁のポイントですので、根掛かりを注意して海底から5mラインを流します。
漁礁の上を通過して暫らくたったので、回収しようとした時、アジが暴れ出し、即、ロッドが海底に突っ込みました。
ラインが出ていきます。
キター
底へ底へ突っ込みます。
やり取りしても巻き上がりません。
ドラッグを締め続け・・・・ブチ・・・
ヤッテモ~タ~
6号フロロリーダーから切れています。
おいおい、捨て錘と一緒に泳いで逃げたのかよ。
リーダーが切れていますので、漁礁への瀬ズレ?
気を取り直し、第1Pを粘りましたが、アジが怯えているあたりのみ。

雨もやみ第2Pへ。
同じく、アジが怯えているあたりのみ。

第3Pへ。
同じく、アジが怯えているあたりのみ。

第4Pへ。
今日は、どのポイントも船が少ないので自由にポイント選びが出来ます。

キター
これも底へ底へ突っ込みます。
巻き上がりません。
このPは瀬ズレの心配無しでドラッグはいじらず、時間を掛けて遣り取りを・・・・ブチ・・・
ヤッテモ~タ~
親針の近くから5号フロロハリスが切れています。
(孫針まで一本のハリスですので、針のすっぽ抜けではありません)


逃がした獲物は超○○です。

こうなったら、キス釣りどころではありません。
意地でも・・・・。

空回りに終わりました。
500円の砂イソメは、未使用です。
無駄になりました。
20120714-2.jpg


キス釣りを楽しみにしていたチビは、幸い船酔い?で終始寝ていました。
ただ、餌(アジ)釣りを満喫していましたので満足していたみたいです。

結果は、餌だけ。
お土産が無いので持ち帰る事にしました。
20120714-1.jpg

全て南蛮漬けにする事に2度揚げ前
20120714-3.jpg
南蛮漬けには南瓜とエリンギも一緒に
20120714-4.jpg

本日の教訓です(笑)。
『大きい生餌には超大物しか掛からない?』




TEAM SAVAS の仲間

昨夜(7/3)は、20代にバスフィッシング中心に活動していた「TEAM SAVAS」メンバーCanadaさんとM中さんの3名でお食事
M中さんとは、福岡でお会いしてから13~14年振りの再開です
場所は、大阪梅田のハービスプラザ内のお店です。
20120703-8.jpg
20120703-1.jpg
「TEAM SAVAS」は、琵琶湖、池原ダム、七色ダム、高山ダムを拠点にキャンプ&バスフィッシングで楽しむ7名の集まりでした。
当時、名古屋に住んでいて金曜日の夜に現地へと移動し日曜日に帰宅しするのが週末の過ごし方で、一番体力があった時期でしょう。
今は3人ともそれぞれ紆余曲折の人生を送っていますが、一番自由で気ままな20代を共に遊んでいた仲間です。
昨夜は、若き日の昔話で盛り上がりました


20120703-3.jpg
カりフォルニアワイン

20120703-4.jpg
テーブル前にてカット

20120703-5.jpg
180g(カリフォルニアカット)
お腹一杯になりました。

次回は、他のメンバーも含め富山湾で再結成か・・・?

P.S.
TEAM SAVAS(チーム サバス)の由来
我が釣り仲間は、シーバスを釣りに行ってもサバばかり大量で釣れた事からサバの複数形で「サバス」となりました(笑)