スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今年のキスは?

今日(5/27)は、06:00から街のクリーン作戦に参加しました。
家の周りでもガスが掛かっていますので、海上は闇の中?

クリーン作戦のお手伝い後、ゆっくりと朝食、チビの宿題を終えたところで、チビと一緒に出港する事に。
昨日のイメージもありますので、泳がせもしたいのですが、太陽が昇りきった状態での餌の確保も難しいと考え、今年のキスを占ってこようと砂イソメを購入、今年最初のキス釣りは11:00頃に出港しました。
キスポイントは、予想に反して船団が出来ています。
皆さん、キスが待ち遠しかったのですか?
取り敢えず、船団の外側で釣り開始。

ポツポツと釣れますが、消化不良です。
13:00になり、みなさん帰宅?、船団が無くなりましたので船団が出来ていたポイントへ。
ここではテンポ良く掛かってくれます。
調子よくなってきましたが、風と波が出てきましたので14:00には帰港しました。
去年が渋かった事もあり、今年のシーズンスタートは、まずまずではないでしょうか?
20120527-1.jpg
ブルブルの感触、楽しく味わいました。

全てお刺身用に捌き、3等分に。
1/3は実家へ
1/3は昆布締めに(翌日用)
1/3は今晩のお刺身
20120527-2.jpg




スポンサーサイト

泳がせ釣り

今日(6/26)は、泳がせ釣り底物狙いで出撃。
いろいろな方々の情報では、底物は厳しく餌のホタルイカでも渋いとの事。
唯一、鯵の泳がせ釣りが良いとの情報がありチャレンジしました。
04:50頃マリーナに到着、早速、サビキ釣りで餌の小鯵を直ぐに確保の予定でしたが、最初の3匹は直ぐにキープ順調と思っていたら、その後が続きません。
30分も経ってしまい3匹で諦めかけた頃、群れが廻ってきたのか入れ食い状態に。
15匹程度確保した後、マリーナ近郊の漁礁へ一直線。
20120526-1.jpg
20120526-2.jpg
一流し目は、アタリ無し。
するとなくろさんがいらっしゃりました。
フクラギ場は、釣れる感じがしなかったとの事で漁礁周りで並んでに釣る事に。
20120526-3.jpg
なんとはなくろさんがお魚を連れて来て下さりました。
自分にキジハタがヒット
20120526-4.jpg
続けて2匹目をゲット
狙いとおり、鯵の泳がせで掛かってくれました。
イメージとおり釣れると気持ちが良いです

そうこうしていると、はなくろさんにもヒット
20120526-5.jpg
はなくろさん2匹目は良型をヒット
20120526-9.jpg

アタリが無くなってきましたので、はなくろさんと別れポイント移動を繰り返します。
残念ながらその後は沈黙。
帰港ついでに朝一のポイントへ再チャレンジ。
そこへドンブラコさんが近寄って下さりました。
20120526-7.jpg
実は、初めてお会い致しました。
ブログではお話ししていましたので、凄く親近感があるので不思議な感じです。
今回は、あいさつ程度のお話しでしたが、これから沢山の事を教えて下さい。
宜しくお願い致します。

残念ながら、後半は厳しかったです。
20120526-8.jpg
結果的に前半だけの釣果でしたが、狙いとおりの釣りが出来た事と久し振りに海水魚を釣る事が出来ました。
気分爽快です。







懐かしの川釣り

最近物忘れが激しいです。
昨日(5/19)は、確か近所のTさんとジギングに行った様な・・・?
確か?ジギングだけじゃ2週間前と同じ目に会う事も考えられるので、テンヤとテンヤ用の海老も持っていきますと連絡していましたが、持って来たのは海老で無くサンマの短冊だった様な・・・?
サンマを見て不吉な予感をしていた様な・・・?
思い出しました。
天気が良かったので、近所のTさんと富山湾のクルージングに行っていました。


今日(5/20)は、8:30から町内の防虫散布のお手伝い。
2時間程で終わると思い11:00頃から釣りにでもと考えていましたが、思った以上に時間がかかった事と防虫剤のシャワーを浴びたので、家のシャワーで洗い流し終わるとお昼を過ぎてしまいました。
仕方なく今日はのんびりと過ごす事にしようと思っていましたが、チビが渓流釣りに連れて行けと。
チビは川での釣り経験はありません。
渓流は、無理としても近くの川で基本を教えてあげようと連れて行く。
小さな里川ですが、虹鱒も釣れるとの事です。
渓流の仕掛けで、餌(目印)の流し方を教えます。
まずは、自分が説明しながら手本を見せると2流し目ハヤ?が掛かってくれました。
魚がいる事を確認しましたので、その後は渓流竿をチビに渡し川釣りの初体験です。
20120520-3.jpg
餌(目印)が上下にブレ、流れには沿わず、流し方の要領がつかめないみたいです。
偶然、1匹は掛かってくれましたが、その後が続きません。
40分位トライしてから、漸く慣れてきたのか、ポツポツと釣れ始める。
20120520-1.jpg
要領が判ると楽しくなったのかテキパキと釣り続けている。
こちらは教える事も無くなり暇になってきたので帰ろうと言っても聞かない。
最後の1匹にしろと言ってら、仕方ないなーと言いながら後二匹で決着、直ぐに釣り上げてしまいました。
20120520-2.jpg

小さい里川、自分の小学校の頃を思い出します。
我々の時代は、勝手に釣りに行っていましたが、今の小学生は?
うちのチビも川釣りが初めてでした。
もう少し早く教えるべきでしたと反省した次第です。
短い時間でしたが、楽しく過ごしました。
(虹鱒は釣れませんでした)










トラウト

昨日はチビの運動会でした。

そして今日は、近所のTさんと約束していたルアーでのトラウトフィッシングに
管理釣り場以外では、6~7年振りのトラウトフィッシングです。

5:30に待ち合わせて、運転と狙うポイントは全て近所のTさんに任せた大名釣りです。
まずは、庄川本流へビックレインボー狙いです。
通常より流れが止まっているの事でコンディションが・・・?

しかし、ラインにルアーを着けている間に近所のTさんが、既にレインボーをゲットしています。
こちらもテンションが上がります。
しかし、・・・・。
その後も近所のTさんにヒットが続いています。
何故・・・・?

いろいろと教えて頂きながら見ていると、リーリーングスピードが遅いみたいです。
早めのリーリーングで、漸くヒットもバラシ。
少し場所を移動し、数投目でやっとレインボーをゲット。
20120513-1.jpg
その後、ヤマメをゲット。
20120513-2.jpg
更にレインボーをゲット。
20120513-3.jpg
何となく、判ってきました。
その後、バラシも多いですがポツポツとレインボーをゲット。
しかしすべて、20cm未満です。
ビックレインボーは何処へ?

太陽も出てきて水面が明るくなってから、アタリも遠退きましたので、車でポイント移動を繰り返す。
しかし、二人とも沈黙です。

庄川本流は、まだ残雪も残ります。
20120513-4.jpg

太陽も昇りきった為、日中でも釣れるという利賀川まで移動してイワナ狙いに。

小さな渓流では、フライフィッシングや餌釣りなら経験がありますがルアーでは初めてです。
軽いルアーの流し方が良く判りません。
これでは、釣れる気もしません。
上下流分かれて釣りをしていましたが、釣り方教わりに近所のTさんのところへ。
近所のTさんは、既にイワナをゲットしています。
流石です。
教わりながら、流すと数投目で漸くイワナをゲット。
トラウト3目達成です。
これで満足です。
20120513-6.jpg
レインボーとヤマメはすべてリリースしていましたが、骨酒用にこのイワナだけキープしました。

その後、ポイント移動も繰り返しましたが、沈黙が続き11:00頃で終了。
釣果はともかく綺麗な清流の中、最高に気持ちの良い釣りでした。
近所のTさんありがとうございました。




続きを読む »

やっちまった~!!

昨日は、地域のお祭りでした。
我が町内でも小さなお神輿ですが、一軒一軒廻ります。
廻り終わった後、お決まりの宴会です。
当然、疲れました。

近所のTさんも同じ町内です。
明日の午後から風雨が強くなる予報と疲れもあるので、地合だと思われる7:00~9:00頃の短い時間だけジギングだけをする約束し、5:45に待ち合わせて6:15頃からの出撃となりました。
ジギングだからとの事で、チビも一緒です。

マリーナ沖から、海鳥を探しにクルージング、ポツポツとしか海鳥が飛んでいません。
海老江沖には、10艇以上の船団が。
20120506-2.jpg

皆さん海鳥(フクラギ)を待っているみたいです。
しかし、沈黙です。
それともすでにお祭りは終了した後だったのでしょうか?

7:50頃まで、海鳥を待ち続けましたが我慢が出来ず、一文字堤までクルージング。
マリーナ付近はざわついていた波も新港航路を過ぎると静穏です。
いつもながら、この違いには驚きと西側での係留に心が揺れてしまいます。
一文字堤までクルージングしましたが、ここも沈黙していました。
30分程待ちましたが、再び海老江沖までクルージング。
10艇以上いた船が、3艇程に激減していました。
これで諦めがつきました。
雨も降ってきましたので帰港する事に。
途中、マリーナ入り口付近の約10mの浅瀬、魚探に反応がありましたので、ジグをキャストすると何かのアタリが?
近所のTさんにもアタリが?
サバ?、カマス?
釣り上げて確認する前に雷が鳴り始めたので慌てて帰港。
帰港後、暴風雨となりました。

結局、ボーズ!!

ボーズは、一年以上記憶にありません。
やっちまった~!!





リベンジのつもりが・・・

昨日の消化不良もあり、今日はジギング一本で粘るつもりでした。
フクラギをキープする事はどうでもよく、イメージとおりのジギングでフクラギを釣りたいだけです。
朝一から、いつものポイントへ6:00前には到着です。
今日も誰もいませんが、海鳥もいません。
海鳥は、60~80mラインの定置網に腰掛けています。
その内、回遊してくると信じて待ち続けます。
7:30の地合いになっても静かです。
8:00前、我慢が足りず、舞子付近まで偵察に・・・。
何処も海鳥は騒いでいません。
8:30頃に再び戻ると、水面がイワシが跳ねています。
数は少ないけど海鳥も飛んでいます。
直ぐにヒット!!
簡単に水面に上がってきたが、水面近くで激しくグルグル動き回っているソーダーガツオかな?
抜きあげると、良型のサバでした。
釣り上げた頃には、水面は静かに
サバが居るのならと別の竿にサビキをセット、サビキにはアジ用のソフトルアーをチョン掛け。
20120502-2.jpg
水面が騒がしくなるまで、サビキで遊ぶ事に。
直ぐにヒット!!
水深20mのソフトルアーで六文銭です。
嬉しい外道です。
続いて、チビカサゴ。
卵が出てきました。
20120502-1.jpg
そうこうしていると、再び水面が騒がしく、ジグをキャストするとまたまたサバがヒット!!
サバが、イワシを追いかけているの?
これが最後で、お祭りはありませんでした。
結果的にフクラギのリベンジは撃沈でした。
20120502-3.jpg


マリーナで、船と道具を水洗いした後、係留桟橋で30cmオーバーのカマスが回遊している事も無く、じっとしていました。
その数は、数百を超えます。
桟橋の両側(底はつながっています)、30mは規則正しく列になっています。
ビックリです。
20120502-4.jpg
20120502-5.jpg
自分は道具も片付けたので、他人の行動を話しながら見ていました。
当然、タモを持ってすくい上げようと試みた方もいます。
また、サビキで誘うとした方もいます。
皆さん撃沈です。
魚の食いけはありませんが、逃げようともしません。
不思議な光景でした。
投網を持ってこようと言う方もいますが、如何したのでしょうか?



続きを読む »

捕食下手なフクラギ達?

黄金週間2日目の昨日は家族サービスで福井方面に遊びに行きました。
早朝から夜まで・・・・疲れました。

この疲れを癒す為に3日目の今日はチビも学校ですので一人のんびりと釣り三昧です。
5:40頃マリーナに到着しましたが、あれ?車は3台だけ、仕事の方もいるでしょうが底物が厳しいからですか?
まずは、フクラギ祭りがあったとの皆様方の情報を頼りにマリーナ沖へ、ウロウロ。
海鳥や~い!!何処ですか・・・フクラギの場所を教えてちょうだい・・・・
ぐるりと一周しましたが、居ません?
7:00頃まで粘りましたが、こないだのポイントへガソリンを使い移動。

ボートは居ませんが、海鳥がわんさか居ます。
イワシも飛び跳ねています。
数投目、待望のヒット!!
しかし、続きません。
その内、海鳥は沖の方へ追いかけましたが海の中は静かです。
時々、海鳥は水面ので何かを捕食しています。
ジグをシャクリ続けますが、アタリ無し。
元の浅瀬に戻り、回遊を待つ事に。
キター!!、海鳥がわんさか、イワシも追いかけられています。
お祭りの始まりだ~!!の筈ですが?
ジグにアタリはあるものの掛かってくれません。
ボート側までジグを追いかけている姿も見えたりしますが、アタックしてくれません。
何故?
追いかけられているイワシはやや大きめみたいです。
ジグを30gから60gへ変更。
カラーも白グロー系⇒シルバー⇒ピンク系⇒ブルー系とチェンジ。
同じくアタリはありますが、掛かりません。
約45分は海面上は慌ただしかったですが、この間2匹だけしかゲット出来ませんでした。
巻き上げスピード、ジグの大きさ、ジグのカラー、何が悪かったのか?
ストレスが溜まります。
その後、海面も静かになったので、底物へ変更も沈黙したまま。
そのまま終了となりました。

フクラギのお持ち帰りは、3匹程度で後はリリースだと思ってはいましたが・・・、3匹しか掛からないとは・・・消化不良となりました。
きっと捕食下手なフクラギ達が集まっていたのでしょう。
フクラギのお腹の中は、12~13cmのイワシがいっぱいでした。
イワシを取るのは上手なのに(笑)
20120501-2.jpg










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。