サワラ

今日は、明るくなり始めた頃から、神通川河口へ。
今日はハードルを高く?して、太刀魚のあとアカムツにチャレンジ予定。
20111126-2.jpg
途中、アオリイカのポイントの横を通ります。
2週間前までは船団が出来ていましたが今日は誰もいません。
アオリも終盤なのか? うねりが残っているので出航を控えたのか?

太刀魚のポイントは、遊漁船も含めた船団が出来ています。
プライベートボートはアンカリングですが、自分は魚探を見ながら廻りをウロウロ。
20111126-8.jpg
天気は最高です。
うねりがありますがピッチ的には気になりません、ただ、風で結構流されますが。
暫らくウロウロするも良い反応が無く時間だけが過ぎていきます。
遊漁船は、ポイントを維持していますので釣れているのかも?


90分程度たった後、中層に何か反応が?
取り敢えず、ジグを落とすといきなりガツンとヒット
強烈な当たりで、底に走りラインが出ていきます。
太刀魚てこんなに引いたっけ?指6本は間違いないと興奮状態に。
ドラグを調整しながら、暫らく遣り取りするが、ラインを巻いてきても横走りする。
漸くおかしいと思い型の良い青物だろうと水面に上がってくると・・・サワラでした。
20111126-3.jpg
クーラーに入りきりません。
20111126-9.jpg
80cmオーバーですが、サワラではダントツの自己更新です。
お土産確保で、ジギングは終了。

そしてアカムツ狙いへ・・・、ポイントは知りませんので150m付近をラン&ガンでポイント移動するもドラマは何も起りませんでした。
天気も良く船内は暖かくなり、10時頃からウトウト居眠り状態で過ごし、12時に終了しました。

結果、交通事故時に掛かってくれたサワラだけでした。




続きを読む »

スポンサーサイト

テーマ : 釣り・フィッシング - ジャンル : スポーツ

徳島

今日(11/14)は、1年8ヶ月振りに徳島出張。
大阪経由で高速バスでの移動が多いですが、今回は面会時間と翌日東京に立ち寄る事を考慮して羽田経由の乗り継ぎで徳島に。
羽田空港で徳島便の横に新型機のボーイング787が駐機していました。
20111114-787.jpg
初めて拝見致しましたが、なかなかカッコいいですね。

徳島空港に着き、レンタカーを借り、まずは昼食。
空港近くのラーメン店「福ろう」へ、初めての来店です。
徳島ラーメンと言えばバラ肉と生卵ですので、バラ肉と生卵付きの「元気そば(大)」を注文。
月曜のランチサービスの煮卵が付いてきた為、生卵とダブルになってしまった。
20111114-福ろう
徳島ラーメン特有の甘味を抑えたスープだったのでライスが無くても食べやすく美味しく頂きました。

その後、取り敢えず真面目にお仕事(笑)

夜は、お客さんと「織部」で夜のお仕事。
織部は3回目かな?
20111114-1.jpg
徳島のお皿には、徳島の食文化であるスダチが頻繁に添えられている。
20111114-2.jpg
20111114-3.jpg
20111114-4.jpg
ご馳走様でした。

仲良く貧果

今日は、ゲストT氏とS氏の3名で、終盤のアオリイカに出撃。
20111112-2.jpg

まずは、マリーナ近くのいつもの定置網から、暫らく粘るもアタリなく新港沖の漁礁に向かうも遊漁船が陣取っていましたのでスル―、一文字堤沖に向かう事に。
途中、奈古の浦の掛け上がりを一流ししてみるも反応無し。
時間をロスして、一文字堤沖の定置網に相変わらず多くの船がエギングをしている。
空いている場所にボートを寄せ、一流し、T氏にヒット。
直ぐに自分にもヒットするが、痛恨のバラシ、今日の状況でのバラシは本当に寂しくなる。
その後、S氏がシロイカ(ブドウイカ)(?)をヒット。
20111112-1.jpg
暫らくして、漸く自分にもヒット。
20111112-3.jpg
坊主を覚悟していましたのでホッとしたが、誰も続かない。
そうこうしているところ、近くの海面でボイルがありジグをキャストする。
暫らく、このボイルと戯れるが反応してくれない。
ボイルへのアタックも諦め、エギング再開するが・・・・。
ポイント移動する合間にT氏が何気なく?投げたジグにソーダカツオがヒット。
食べれない事はないが、引きを楽しんだ後リリース。
そして、雨晴らし付近へ移動するが、ここでも撃沈。
もうマリーナ方面に戻るついでに先程とは違う一文字堤沖の別の定置網へ。
久し振りにT氏にヒット。
20111112-4.jpg
その後、3名各々に単発でヒットしたところで、はなくろさんとそのゲストさんが寄って下さる。
状況を確認するが渋いとの事(我々の倍の釣果ですが)。
結局、ここで粘った後、朝一のポイントで再確認するもアタリ無しで終了。

3人仲良く貧果でした。

T氏釣果
20111112-5.jpg

S氏釣果
20111112-6.jpg

自分の釣果
20111112-7.jpg
どうも、アオリイカを狙うと消化不良になってしまいます。
腕が無いからですが。


今晩のお刺身にぶんぶん丸船長さんから教わったくちばしの刺身をチャレンジ。
癖も無くコリコリした食感で美味しく頂きました。
20111112-8.jpg








テーマ : 釣り・フィッシング - ジャンル : スポーツ

久し振りに魚釣り

今日(11/6)はあいにくの雨模様でしたが、チビと2名で出撃。
魚の刺身を食べたいとの事で、太刀魚ジギングとアマダイの餌釣りに絞っての釣行。
エギングはお休み。
早速、神通川河口へ、今日は4~5艇程しか集まっていない。
本当に太刀魚が寄っているのか疑心何時に。
今日も1時間ほど様子を見るも全く反応無し、廻りも閑古鳥・・・・。
我慢できず、岩瀬沖でアマダイの餌釣りに。
餌取りとの戦いになりました。
トラギス、シロサバフグ、ベラ、ウマズラハギ、カサゴ、・・・。
直ぐに餌のオキアミが取られる。
ハリもフグに取られる。
20111106-2.jpg
20111106-4.jpg
20111106-3.jpg
何度も、フグにハリを取られ、餌のオキアミも少なくなったので2本針から1本針に変更し岩瀬沖を諦め、シーバース付近へ。

移動後、2~3度餌取りに取られた後、漸く小型のアマダイゲット。
20111106-1.jpg
その後、もう1匹追加で餌が無くなり終了。
結果、ウインドブレーカーも効かずズボンもシャツもビチョビチョになりましたが、エギングと違いイライラのストレスも無く楽しく過ごせました。

今日のお持ち帰り
20111106-5.jpg

その後、マリーナに帰港すると実家の母親から電話で、富山市内の某デパートの北海道展に連れて行けと催促があり、家に戻り着替えて直ぐに富山市内へ。
凄い人ゴミでしたが、ついつい無駄使いをしてしまいました。



テーマ : 釣り・フィッシング - ジャンル : スポーツ

トラウトロッドでティップラン?

今日は、T氏とチビの3名で、朝一はアオリで御土産確保後、太刀魚の予定でしたが・・・・・・。
気合を入れて、マリーナ駐車場も4台目で到着、あれ、いつも通りの時間ですが皆さん遅いですね。
20111105-1.jpg
暗い内からマリーナ近くのいつものポイントへ。
チビと一緒に行く時は、ティップラン用のロッドをチビに渡し、自分はオカッパ用の長く堅いロッドを使用していましたがボートの上では使い難かったのですが、はなくろさんのコメントからヒントを得る事が出来ました。
20年程前に暫らく使用していた本流仕様のトラウトロッド(8.3フィート)を使用して繊細なアタリをロッドテップで読み取る作戦。
幸い、今日は風はないが、潮の流れで良い感じで船が流れてくれる。
ティップランのベスト条件では・・・?
しかし・・・・、ロッドテップにアタリ無し。
とうとう太陽も昇ってしまいました。
20111105-3.jpg
開始、1時間後に漸くT氏が21cmの」甲イカをゲット。
20111105-5.jpg
続けて自分も20cmのアオリをヒット。
ロッドティプは柔らかいが、バット部分はしっかりしているので、小さなアオリを掛けているような感覚で引き寄せる事が出来る。
20111105-2.jpg
しかいし、地合ではと思いましたが、全く続かず・・…。
コロッケサイズを追加するのみ。
そこで、最近好調だと聞いていた打出付近の定置網に移動。
移動後、暫らくしてK氏に21cmのアオリをヒット。
20111105-4.jpg
自分は、コロッケサイズの甲イカを。
20111105-6.jpg
チビは、すでに昼寝状態。
近くで小さなナブラがあり、ジグをキャストするも相手にされない。
そうこうしている内にマイク音が、近くの船が海保に声を掛けられている。
意識していませんでしたが、暫らくして、更に近くの船が声を掛けられている。
ナブラが定期的に発生している場所ですが、海保に声を掛けられ時間を無駄にしたくないので、神通川河口へタイウオ狙いに変更。
既に09:30を過ぎていましたが。
神通川河口には、遊漁船を含む10数艇の船団が。
しかし、周りをゆっくり廻りましたが、全く上がっているような気配なし、魚探も反応無し。
その内、回遊してくるのではと思い船団の中で、じっと待つ事にしました。
40~50分待っていたころ、先程、逃げたと思われたのか海保(つるぎ)が自分の船に向かってくる。
特に疾しい事は無いのに気分的に嫌ですね。
チビの愛嬌でそらそうと、チビに手を振る様に指示をする。
20111105-7.jpg
チビの愛嬌が良かったか知りませんが、目の前を素通りし、神通川河口の船団をぐるり一周して去って行きました。
太刀魚の地合いは既に終了していたのか判りませんが、何も起こらず時間だけが過ぎましたので改めて朝一のポイントへ戻る。
このポイントも誰もいなくなっていました。
状況から、厳しいと思いながらシャクルもヒット無し。
結局、T氏と同じ内容(サイズは完敗です(笑))、アオリ2杯、甲イカ1杯で終了。
2名の釣果です(チビは残念な結果、1時間もしていませんが)
20111105-8.jpg
今日の貧果では判断つきませんが、本流仕様のトラウトロッドの使用感は、少し長いですが可能性を感じました。
特に掛けた後の寄せは何の違和感や不安も無く吸い寄せる事が出来たのではと考えております。
もう暫く、この埃の被っていたロッドを使用してみたいと思います。





テーマ : 釣り・フィッシング - ジャンル : スポーツ