スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

飛騨高山

昨日(29日(土))は、家族と飛騨高山へ。
ヨッシーさんの紅葉写真を拝見していると海の上では感じる事のない秋の色彩を眺めたくなりました。
国道41号線沿いでは、一番標高の高い流葉スキー場付近でも時期的にはまだ早い様でしたが、秋晴れの中、気持ち良くドライブし、高山市内へ。
古い街並みの定番ポイントは、大勢の観光客。
20111029-7.jpg
定番の「みだらし団子」。
20111029-8.jpg
「飛騨牛コロッケ」。
20111029-2.jpg
酒蔵。
20111029-1.jpg
飛騨牛にぎり寿司のファストフード店も。
20111029-4.jpg
「おせんべい」。
20111029-3.jpg
20111029-5.jpg
これだけ間食していますが、ちょっと遅いお昼に「なめこおろしざるそば」。
20111029-9.jpg

高山市内を散策後、飛騨の里へ。
20111029-11.jpg
ここで、色づいた木々を見物。
20111029-10.jpg
20111029-12.jpg
日没頃まで飛騨の里を散策し帰路へ。
疲れきって、家に戻りました。

今日は、家の用事と町内の会合で、結局、今週末は釣りはお休みでした。









スポンサーサイト

アオリ 撃沈

昨日(23日)は、チビと二人で夜が明けてからアオリイカ狙いで出航。
前日のポイントに直行。
既に4艇集まっている。
エギング開始も全くアタリが無く時間が過ぎていく。

このポイントから少し離れたポイントは最近、遊漁船や漁師さんが陣取っているが今回は誰もいない。
既に撤収した後かもしれませんが、前日も明るくなる前から集魚灯を照らしアオリ・赤イカ・ブドウイカを狙っていた? ポイントです。
前日は夜明け前に到着していたので集魚灯を照らしている遊漁船の近くに行きたかったのですが、集魚灯を照らさないボートが近づくのはモラル違反では?と思い近づけませんでした。
今回は誰もいませんので、移動。
でもアタリが無く時間が過ぎていく。
この時点でチビの集中力は無くなり睡眠時間に。

前日のベストタイムを過ぎようとしてきた為、元のポイントに戻ると漸くヒット
20111023-2.jpg
胴長18cm。

しかし、後が続かない。
アタリがあるのはシロサバフグだけ。
同じポイントだが、前日とは明らかに状況が違う。
9:00には、エギングは諦めタイラバで根魚狙いに変更。

遊んでくれるのはフグだけ。
20111023-1.jpg
タイラバのスカートはかじられ短くなり、取り替えても状況は同じ。
モチベーションも無くなった為、釣りは終了。

時間が早いので、チビを起こし氷見までクルージングを楽しみました。
途中、一文字堤沖定置網ではたくさんのエギング船を見るも素通りして、10:15にはマリーナに戻りました。
皆様のブログでは一文字沖定置網付近で、ボチボチ釣果があったようですね。

自分は、完全に撃沈です
唯一の釣果は、実家へ。




テーマ : 釣り・フィッシング - ジャンル : スポーツ

アオリ 漸く二桁

今日は、ゲストのT氏とS氏の3名で夜明け前から出航。
マリーナ近くの定置網へ。
狙いはアオリイカ。
2週間前と同じメンバーでのリベンジ。
20111022-1.jpg
直ぐにS氏がヒット、続けて2匹ヒットする。
紫系のエギを使っているとの事で、自分も紫系にチェンジすると自分にもヒット
その後、ポツポツと定期的にS氏と自分とがヒットしてくれる。
20111022-5.jpg

何故かT氏には来ない
焦り始めた?頃、漸くT氏にヒット
20111022-3.jpg
その後、3人とも順番に釣れてくれるが、8:30頃からアタリが止まる。

相変わらずフグに遊ばれ、ラインを2回切られエギをロス
1時間強、釣れない時間が続いたので、青物の状況確認ついでにクルージング。
途中、海上保安庁の船が近寄ってきましたが素通り。
20111022-6.jpg

10:30頃、最後の一流しとの事で元のポイントに戻る。
何故か?一投目からヒット
20111022-2.jpg
T氏を筆頭に3名とも最後の追い込みでヒットが続く。
20111022-4.jpg
ポツポツ釣れてた地合でしたが、時間(11:30)になりましたので帰港する事に。

結果、自分は胴長20cm筆頭に12杯。
20111022-7.jpg
S氏は、胴長19cm筆頭に11杯。
20111022-8.jpg
T氏は胴長21cm筆頭に7杯
20111022-9.jpg

途中、中弛み(満潮時間前後1時間?)がありましたが、自分にとって今シーズンで一番の日でした。

続きを読む »

テーマ : 釣り・フィッシング - ジャンル : スポーツ

サンゴのホワイトボックス

今日は、チビの学習発表会見学の為、出撃する予定はありませんでしたが、風も強かったので皆さま方は如何だったのでしょうか?
とのことで釣果の話ではありませんが、金曜日の研究会で最後に余談の話題として話された内容が自分やマスコミ?の思い込みである?事を知りました。

既にご承知の方もいらっしゃると思いますが、サンゴの死は地球温暖化だけが原因でなく人間の排泄物が影響であるとの論文が発表されていたみたいです。
サンゴの白痘(ホワイトボックス)による死滅は、セラチア菌の感染が原因でした
本来は、サンゴの海に存在しないセラチア菌は、通常、人間の腸内だけに存在していました。
つまり、人間の排泄物に紛れたセラチア菌が海に流れ、サンゴを死に到らしめているとの事です。
下水処理が不十分な南の楽園にたくさんの観光客が押し寄せた結果、サンゴが白痘に掛かり死滅するとの事です。
白痘は、温暖化の原因だと思い込ませていた報道は何だったんだと思ってしまいます。
何れにしても人間と自然の共栄共存は不可能なのでしょうか?
難しい事は抜きにして、自分の今の望みは魚や烏賊がわんさか富山湾に来てちょうだいです

奇妙な出会い

今日(日付が変わりましたが)、神戸大学である小さな研究会に参加致しました。
小さな研究会ですが、某公立大学の学長始め、著名な先生方も参加されます。
この研究会後の懇親会の時、関東地方の某大学院生と出会いました。
実は、この大学院生とは先週、東京で会社の同僚が出会っていました。
この出会いに関しては、会社の同僚から我社が取り組んでいるテーマに関心がある学生と会いましたよとの報告は受けていましたが、そのテーマは若い学生さんが取り組む様な新しくアカデミックなテーマではありませんでしたので、マニアックな学生がいるもんだとしか思っていませんでした。
ところが世間は狭いもので、今日の懇親会でその学生さんに出会ったのでした。
その大学院生さんは、このマニアックなテーマを修士論文にする事でしたので、いろいろな話をして語り合いましたが、我社でも一部の担当者しか知らない内容まで把握していた事には驚きもあり単なる興味本位だけでなく意志もしっかり持ち頼もしい学生さんであると感心した次第です。
来年卒業で就職内定を貰っている会社は、我社と取引のある会社です。
何時か再開できる事を楽しみにしています。
本当に嬉しい出会いでした。

その後、勉強する事を忘れてしまったオジサン達は大阪に戻り新梅田食堂街で呑み直し
大阪で宿泊し、明日、クリスピードーナツを購入して富山に戻りますので釣りはお休み(風もあり?天気も悪そうですね)。
20111014-2.jpg
20111014-1.jpg

続きを読む »

連日のアオリイカ

本日は、明るくなり始めた5:30頃から出航。
今シーズンは、西方面をトライしていましたが今日はマリーナ近郊を責める事に。
先客は2艇、西方面のポイントに比べ少ないです。(期待薄?)
風があり、ボートが流され、ティップランにはもってこい?
1投目からいきなり胴長20cmの良型がヒット
ここで、初めてのハプニング。
タモの中のアオリイカを海面でじゃぶじゃぶと墨を吐かせていたところ、タイミング悪く墨を海面でなく自分に向かって大量に噴射。
ジャンパー、デッキ、キャビン屋根、リールが墨だらけ。
一番良い地合いに墨の処理に追われ処理が終わるころ、声が掛かる。
昨日ご一緒したT氏がインフレータブルボートで参上。
20111010-1.jpg

その後、暫らくはポツポツと釣り上げるが、8:30を超えるころからアタリ無し。
河豚だけが遊んでくれる。
20111010-2.jpg

10:00頃まで粘りましたがアタリが無いので、アオリイカ終了。
風があるが天気も良く気持ちが良いので、青物ポイントをクルージングして帰港しました。
最長が胴長20cmで、計6杯、今年は2桁は無理?
20111010-3.jpg

今日は、イカソーメン風に細く。
20111010-7.jpg

ゲソとエンペラは天ぷらに
20111010-5.jpg
20111010-6.jpg

捌いて皮を取った残りの胴体は冷凍に。
少しずつストックを増やしています。



テーマ : 釣り・フィッシング - ジャンル : スポーツ

アオリイカ

本日は、ゲストT氏とS氏の3名で5:00前に出航、狙いはアオリイカ。
T氏が10/4に爆釣したとの一文字付近の定置網のポイントに。
何となくこの辺だろうとの感覚で新月で暗く周りが良く判らない状態でポイント到着?。
今の時期なら、既に船もいるだろうとの一隻の船の近くに近寄ると定置網も見えたので釣り開始。
一投目からT氏がヒット 幸先が良いとテンションが上がる。
でもあとが続かない、ボートが流されているせいか底も取れない?
明るくなってきた頃、風景もおかしく、切っていた魚探をつけ水深を確認すると20m程と思い込んでいましたが45m・・・到着後も全く確認していませんでした。
明らかに定置網の沖側の端でした(笑)。

慌てて場所を移動するが、先客が10艇程。
遅れながら、開始するが・・・・アタリがない。
立山連峰から太陽も昇ってしまいました。
20111009-1.jpg
移動後、1hr程経って漸く自分にヒット
その後ポツポツとS氏中心で釣り上げていくが、厳しい状況が続きました。
20111009-2.jpg
20111009-3.jpg
20111009-4.jpg

8:00を超えてからは、全くアタリも無くなり朝一に間違って入ったポイントに移動もダメ。
その近くで、ナブラを発見、急いでナブラまで走り、シイラとダツをゲット。
20111009-5.jpg
暫らく、このポイントで粘りましたが、ナブラも発生しなくなり、他の青物ポントへ移動。
魚群を探しましたが・・・・・。
すると200m程離れた所に巨大なナブラが、海の色も変わっていました。
自分が見たナブラで最大です。
急いで、移動するも到着時にはナブラも終わり海鳥だけが浮かんでいましたが、海面は無数の鱗が漂っていました。
ジグを投げるもダツのアタリだけ。
あれだけ巨大なナブラがダツだけだとは考えられませんが、何であったのでしょうか?
そうこうしていると10:00になり、マリーナに戻る途中で定置網付近で再度アオリイカ狙い。
1流し目で、良型が3名たて続けにヒット
地合いなのか、たまたま回遊して来た時だったのか・・・?
自分は胴長21cmの良型でした。
ここで終了と致しました。
結果、S氏7匹、T氏3匹、自分4匹と低調な釣果で終わりました。
3名とも乗った後のバラシやエギのロスが多く、厳しい釣行でしたが、自分にとっては目指していた胴長20cmを超えましたので、結果オーライです。
20111009-6.jpg
20111009-7.jpg
T氏、S氏、懲りずにまた一緒に行きましょう。


お刺身は、縦切りと横切りの2種で食感の違いを比べてみました。
20111009-8.jpg
リングネイのイカスミパスタ
20111009-9.jpg
料理に使用していない余ったアオリイカは、冷凍保存です。






テーマ : 釣り・フィッシング - ジャンル : スポーツ

タカラジェンヌ

本日から、3日間東京滞在中です。
仕事の関係で、元タカラジェンヌ、雪組娘役トップ「舞風りら」さんに会う機会を得ました。
5年程前に宝塚を退団し、現在は舞台女優として活躍中です。
タカラジェンヌのイメージ以上に小柄な方であるのが第一印象です。
20111005-2.jpg

宝塚歌劇団には、中学校の修学旅行で見に行った記憶にありますが、失礼ながら演劇系文化音痴の自分は、1週間前までは「舞風りら」さんを知る由もありませんでした。
しかし、宝塚ファンにとっては「舞風りら」さんにお会いだけるだけで凄い事みたいで、数人からサインの催促もあり「舞風りら」さんにサインをお願いしてしました。

画像は、古い携帯のカメラですので鮮明でありませんが、綺麗な方であるのは勿論、笑顔が素敵です。
数時間御一緒している間は、気さくにお話して頂き、絶えず笑顔で対応して頂ける本当に素敵な女性でした。
自分にとってタカラジェンヌの印象を変えてしまうほどの出会いであった事は間違いありません。

因みミーハー的に2ショットもお願いしました。
20111005-1.jpg

また、お会い出来る機会を楽しみにしています。

大阪で

今日(9/30)は、大阪でCanadaさんと呑みに行く。
お初天神横のお店に予約無しで出向くが残念ながら満席、次の当てもありませんので焼き鳥の煙に釣られ、すぐ側の焼鳥屋に入店(お店の名前は覚えていません)、カウンターに座る。
年期の入ったお店で、娘さんとお母さんとで切り盛りしている様子。
メニューも無くおまかせで、店構えからおまかせでもお財布的には安心?
カウンター前にて、炭火で豪快に焼き上げている。
20110930-2.jpg
20110930-1.jpg
20110930-6.jpg
20110930-3.jpg
美味しく頂きました。

二件目は、大阪第三ビルの32階に。
大阪の夜景を見ながら、バーボンを。
20110930-4.jpg
20110930-5.jpg
いろいろな事を語り合いました。



続きを読む »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。