浮かびましたが・・・

本日(14日(土))、ある程度の波は覚悟して出航。
時間が経つごとに波は収まってくる予報でしたが、短いピッチの波の為、船は揺れ揺れ、Pまでは5ノット程度でゆっくりと移動。
この波では、ティップランは辛いと思い鯛ラバで。
鯛ラバでもしんどい揺れの中、巻き巻き開始。
ポツポツとアタリはありますが、船の揺れの影響なのか追いアタリが続きません。
何とか塩焼きサイズが釣れましたが、6:30前から風向きが変わり北風がビュービュー、白波が・・・
楽しくない状況になった為、7:00には帰港となりました
20171014-1.jpg
スポンサーサイト

アオリと鯛ラバのリレー その2

8日(日)は、先週に引き続き、朝一だけアオリで、その後鯛ラバでした。
日の出も遅くなり、明るくなる前に出航しましたが、この季節のアオリPまでの道のりは、航海灯を照らしていない(許可の必要のない)ボートが多い為、ゆっくりとP移動になります。
アオリPには既に航海灯設置の必要のないボートが4艇程集まっていますので、きっと暗いうちから出航していたのでしょう。
相手は我々のボートが見えるのでしょうが、私には見えませんので非常に危険です(-_-;)

20171008-1.jpg

薄暗いうちはアタリなしでしたが、明るくなってから、ポツポツとアタリだしました。
あたりは、先週とほぼ同じペースです。
06:20でアオリは終了、6杯でした。

その後、鯛ラバでしたが、ボートも潮も流れず、約1時間当たり無し。
釣れる気なしでしたが、07:30頃から、若干底の潮が流れ出してから、ポツポツあたりがありますが、本命の釣れる時間帯は過ぎていますので、外道のみ。
10:00に終了し帰港。

20171008-2.jpg







アオリと鯛ラバのリレー

朝は涼しくなったというより、寒かった(-_-;
今日は、朝イチの06:00まで限定でアオリ、その後、鯛ラバと決めていました。
アオリは朝イチのゴールデンタイムで、ツ抜けが目標でしたが、連荘は無く5杯でタイムアップ。
拍子抜けですが、我が家ではアオリの消費は僅かですので十分な量です。

そして、本命の鯛ラバに。
ヘッドのバイブレーションの感覚が良くありません(底の潮が悪い状態?)
渡しとしては長時間巻き巻きしましたが、案の定、甘鯛、キジハタ、塩焼きサイズの鯛の拾い釣りで終わりました。

少々時間があったので、鯛ラバで甘鯛が釣れるので天秤仕掛けの方が良いのかなと甘鯛を狙うもリ手のひら以下の甘鯛、レンコとベラで成果ゼロ。
1時間程度で嫌になり、帰港。

10月中は、今回と同様のアオリと鯛ラバのリレーでトライする予定です。

20170930-1.jpg



アオリのアテンド

遠方より2名のゲストが今年もアオリ釣りに来て下さいました。
20170923-1.jpg
渋いシーズンの去年は、朝イチは近場のPから、無風でアタリもなく北へ大移動しましたが、北のPも時合い終了していて、初心者のゲストは寂しい結果となってきました。
今回は、近場のPか北のPか悩んだ挙句、去年に二の舞にならない為、北のPへ。
今年もスタートは無風状態で脛が動きません。
周りの船はエレキで強制的にティップランしている方も。
私はポツポツと拾っていますが、初心者には辛い状況です。
他のPの情報収集したところ、良い風が吹いているとの情報でした。
帰港ご確認しましたが、近場も良い風が吹き、8時まで入れ乗りだったとの事です。
完全に裏目となりました。
ゲストの一人は、途中からアタリを見極め始めましたが、もう一人は・・・
帰港の途中、アオリPを転々と移動しながら探っていますが、太陽は完全に昇り時合いはすんでいる状況でしょうか、周りもあまり釣れていません。
個人的には3年間避けていました禁じ手?、超有名P(定置網横付けのピンポイント)でエギを落としてもらいました。
女神様が見ていてくれて、ゲスト様が掛けてくれました。
続けてと思っていた時に目の前で信じられない光景が・・・
ブログでは書きませんが・・・
ただ、ボー逃れとなりましたので、超有名Pから離れ13:00頃に帰港。
結果的に今年最長の遅い帰港となりました。
私の結果は、数だけだと3~4年振りに釣り上げた数でした(釣っている時間は長かったですが)

アオリの便りが届きましたが鯛ラバ

アオリの便りが届く季節になりました。
アオリPは何艘も浮かんでいますので、ホームゲレンデでも釣れているみたいです。
でも私は、朝一は鯛ラバです。

今日も開始早々アタリがありますが乗りません。
前回から何かがおかしい?
フックは2本のまま、4本にとも思いますが・・・
ストレスが溜まる中、40㎝級が掛かってくれました。
その後もアタリは続き、2/3は掛ける事が出来ませんが、合い間に外道は(甘鯛、キジハタ、ホウボウ、ツバイソ、姫)、バラエティー豊かに。
ツバイソは回収中、水面まで2~3匹で追い掛けてきますが、触手が伸びるサイズでなく迷惑です。
7:30になり、アタリも無くなってきたので、あと一流しでアオリにするつもりで巻き巻き、今シーズン最大(66cm)が掛かってくれました。
正直、これで満足(^_^)
小さなクーラーも入りきらなくなりました。
早上がりで帰港途中、取り敢えず、ホームのアオリPへ様子に見に行きましたが、10回ほどシャクっただけで終了。
次回以降に致します。

20170909-1.jpg