FC2ブログ

今年の巻き巻きは天中殺か?

例年この季節は、マリーナ駐車場は一杯です。
止まっている大半の車はアオリ運転、・・失礼・・・、アオリ狙いだと思いますが、私は近場で巻き巻き。
しかし、今年はおかしい・・・
例年だと安全運転の筈でしたが、今年はアタリも少なくトラブルも多発、この状況から逃げられません。
今日も朝イチは巻き巻きでしたが、アタリは3回、一度掛けるも遣り取り中にバラシ。
ラインが切れた?と思いながら回収して確かめると鯛ラバの結び目(ノット)が解けてしまいました。
こんなトラブル、十数年振りだと思います。
先週から続きヘッドのロスも痛い。
自分のミスですが、今年はツキがありません。

巻き巻きも釣れる気がしなく、底物の天秤仕掛けに変更。
Pを変えながら流しますが、90分程以上沈黙。
もう帰ろうかなと思って、最後のPだと言い聞かせ流すと時合?も関係したのか、アタリが続きました。
帰宅後の捌く元気の限界量で終了。

今年の巻き巻きは天中殺かも・・・?

20190928-1.jpg
スポンサーサイト



ダメダメDay

今日は、鯛ラバとアオリでしたが腕も悪いですがツキもありませんでした

鯛ラバは2回切られ(サゴシ?太刀魚?)、ヘッドが2個ロス。
アオリは、根掛かりでエギを1個ロス。
仕掛けを3個ロス、ダブルラインの作り直し3回は、殆ど記憶にありません。
おまけに鯛ラバ用のリールも調子が悪くなりました。

釣果は・・・
鯛ラバは、上がってきたのはホウボウだけ。
アオリは小さいのが釣れましたが、アタリが少なく集中力もなく我慢できません。
9:00には終了してしまいました。

食材は判るかな?

火曜~金曜日まで中国河南省に出張していました。
週末は疲れ切ってダラダラと過ごしています(明日16日は仕事)。
ダラダラと暇なので、釣り以外の日記を。
(ブログを始めたころはいろいろと書いてましたが・・・)

年数回、中国出張していますが何時も困るのは夜宴会です。
歓迎されるのはうれしいですが、白酒(Alc52度)の一気飲みはいまだに地獄です。
20190908 (3)
20190908 (1)
20190908 (12)

基本的に中国の料理はおいしいです。
河南省の名物料理は、羊肉でスープをとったラーメン「烩面(ホイ麺)です。
羊肉の白濁スープで、平麺(きしめんタイプ)です。
スープの色は豚骨スープと同じですが、あっさりしています。
中国のラーメンは、味付け具のトッピングで調整するタイプが多いですが、ホイ麺はスープがメインですので日本人には会うのでは?
20190908 (13)
20190908 (6)
今回は、2度食べる機会がありました。
美味しかった。





美味しいものもありますが、時には箸が伸びない料理も・・・


20190908 (11)
一番美味しい?
お頭です。
(メインゲスト(小生)のお皿に盛って下さいます)



20190908 (9)
料理の全容です。



さて、問題です。
食材は何かな?




中国の場合、高級食材を使った料理は、調理前に見せに来ます。
直接見に(選択しに)行く場合もあります。
今回は、生きた素材をテーブルまで見せに来ました。



瞳が可愛かった ・・・・・・



・・・・・・・・



・・・・・・・・



・・・・・・・・



・・・・・・・・



・・・・・・・・



20190908 (8)

正解は「オオサンショウウオ」です。
日本では特別天然記念物ですが、中国でも天然は食用禁止です。
しかし、養殖は食べても良いのです。
正解者は、食通です。




瞳が可愛かった ・・・・・・

以上

ジギング

今日(9/7)は、夏休みで帰省中のチビと浮かびました。
休み中に一度は行きたいとの事でしたが、私の予定とチビの自動車学校の都合でチャンスは今日だけ、来週には下宿先に帰ります。
20190907-1.jpg

私もほぼ二カ月振りです。
最初は、鯛ラバから。
直ぐにチビがヒットドラッグが鳴りラインが出て行きます。
そこそこの真鯛だと確信していましたが、暫くの遣り取り後痛恨のバラシ。
その後、二人ともヒットしますが、バラシの連続。
おまけに太刀魚も掛かり水面でリーダーを切って鯛ラバともに逃げられました。
その内アタリもなくなり、あえなく07:00で終了。
釣り上げる事が出来たのは、ホウボウ×2匹、、カサゴ、エソ、だけでした。
その後、甘鯛でもとP移動するとナブラではありませんが、定期的に水面を跳ねているフクラギ~ツバイソが。
ジギング好きなチビが試しにジグを投入すると、ほぼ入れ食い状態に。
ジグに何匹も追いかけてくるのが見えます。
ダブルのヒットも。
20190907-2.jpg

これ以上釣り上げても仕方がないので打ち止め、お持ち帰りは7匹までとしました。
チビは久し振りにジギングを堪能した様子で、早上がりとなりました。


久し振りのキス & 遊漁船「Daina」

キスの餌(イソメ)を買いに行くのがめんどくさい事もあり、ここ1~2年はキス釣りをしていませんでしたが、今年は当たり年ではとの情報もあり、昨日、仕事の帰り道に(昔から利用していたお店))イソメを買いに行きましたが、もうイソメ類の取り扱いは止めたとの事でした。
仕方なく、本日、マリーナ近くの自動販売機で購入する事に(何故か朝の10分は無駄に思える(笑))、購入予定だった砂イソメは売り切れ、仕方なく青イソメを購入(昔からキスは砂イソメと決めいたのに)。
疑似餌のパワーイソメも販売されていましたが・・・まだ信用していません。
イソメを購入しても本命の釣りは鯛ラバ、朝一から巻き巻きをを続けますが・・・
今年は,何故か厳しいです。
釣れる気がしなく、キスの前にキスと同様に天ぷら素材になるミギスを。
個人的にも家族も、天ぷらはミギスの方が油ノリノリで好みです。
ただ、手返しが悪いのと釣り面白さは・・・?
ミギスは、直ぐに8匹ゲットしましたが、その後周りをウロウロしましたがピタリと(魚探反応も無くなりました)。

9時になったところで、キス釣りに。
今、釣れているとの情報のPへ移動。
広範囲に20艇以上浮かんでいます。
その西端の方に名船長の遊漁船「Daina」が大勢のお客様を乗せ浮かんでいました。
お仕事の迷惑かなと思い声を掛けずに「Daina」の目の前を横切り釣りはじめ
「Daina」の近くなら、間違えなく釣れるだろうと思っていましたが、一投目からアタリが続きます。
Pの見極めは、流石です。
10時を過ぎた頃「Daina」からで終了の案内(今日は早上がり?)が聞こえ、帰港移動の際に恐縮にも小生にお声をかけて頂きました。
その際、乗船されているお客様は皆笑顔でいっぱいであった事が印象的でした。
お客様はきっと満足されたのでしょう。

その後、フグにハリを二回切られ、微妙なアタリで掛けきれないイライラもありましたが(犯人は本カワハギでした)、20匹以上は超えていると感じたところで終了。

帰港後、同じく帰港されたフォレストさんと停泊中の「Daina」を眺めながら少々雑談させて頂きました。
話題は、勿論「Daina」船長でした(^^♪、

20190713-1.jpg

以上